講師
業界誌での連載や鮮魚関連書籍も多数執筆する
カリスマ鮮魚コンサルタント
堀内幹夫
昭和26年 島根県生まれ。昭和50年 獨協大学外国学部 卒業。同年 (株)ダイエー入社 以後、15年間(株)ダイエー水産部門 に在籍。売場チーフ、商品本部チーフバイヤー、スーパーバイザーとして勤務。平成2年 株式会社 ダイエー退社。平成3年 有限会社エバーフレッシュ研究所 設立。平成9年 株式会社 流通総合研究所取締役 就任。SM、GMS、DS、百貨店等小売企業と水産関連企業への水産MDの指導にあたる。

「安売り」すれば売上げが上がった時代は終焉!商品化と売り方を変え、“消費者ニーズにあった”付加価値を加え、相乗積から考えた計画的なオペレーションをすることで利益を確保!

「安売り」すれば売上げが上がった時代は終焉!商品化と売り方を変え、“消費者ニーズにあった”付加価値を加え、相乗積から考えた計画的なオペレーションをすることで利益を確保!

  • ポイント① 現在のニーズにあった
    商品化の考え方を学ぶ
    今、消費者の多くは「レシピサイト」を見ながら、見たことのないような新しいメニューをつくっています。その料理には、消費者と店側で「ズレ」が生じてきているのです。本講座では、とにかく「新しい商品化」について徹底的に学んでいただきます。
  • ポイント② 実演セミナーでは
    自ら手で商品化を行う
    本講座最大の特徴が、受講者と共に「商品化」を行っていくというスタイルです。
    実際に自ら商品化することで、
    セミナー内容をより理解することができ、社内に持ち帰ってもスタッフに教えることが容易です。
  • ポイント③ 実践報告で
    情報の共有化を行う
    同じことを聞いても、企業によって「結果」が変わってきます。その結果を毎回「報告」し、参加企業全社で共有します。セミナー受講効果を最大限に高めていきます。

第1期参加企業の90%以上が売上・粗利UPを実現!
相場高においても、値上げすることなく利益率改善を達成中!

第一期参加者の声

商品化の考え方が変わった!

原料高騰の中、どの商品にどのような付加価値が必要なのか分かるようになり、商品が大きく変わりました。
また、お客様が買った後にどのように調理するのかをイメージできるようになり、計画の立て方自体も劇的に変わりました。

盛り付け技術が上がった!

容器の使い方で「洋風・和風」の・大きく魅せる技術や、見た目をキレイに魅せる「盛り合わせ」の技術は大変参考になりました。
また、これまで苦手だった貝の商品化や炙りの商品化技術を学ぶことができ、商品ラインナップが大きく変わりました。野菜盛りだくさんの商品化も積極的に導入するようになりました。

販促方法が変わった!

冷凍ガツオの切り盛りやパーティセットで1000円・1500円売価の商品化も増え、イベント時の販促が大きく変わりました。
また、1~2月の閑散期の販促方法について、ブイヤベース等の新規の商品開発のヒントを得られたことも大きかったです。

商品ロス率が減った!

粗利の管理方法を学び、値引き・見切り・廃棄や夕方からの展開の考え方が整理でき、具体的に何から取り組めば良いのか分かりました。さっそく、自社のA・B・C 商品の見直しをしただけでも売上・利益に大きくつながりました。
また、商品化においても「端材」の具体的な活用方法を学び、粗利改善になりました。

売場が変わった!

その時時における提案するべき商品、何を関連販売すればよいかを学びしましたので、売場に季節感が出て賑やかになりました。
また、原料高騰の中、容器の重要性が分かり、商品化において有効活用させていただいています。

下記のような方にオススメの講座です。

講座テーマ

テーマ セミナー内容 イベント対応
1回目

【売上対策 編】
商品を変える

B商品のA商品化!
1日50個以上売れる商品をいかにして作るか?

  1. サーモン(生食用サーモン)
  2. サラダセット・サラダ材料
  3. たこ
  4. うなぎ蒲焼
  1. 父の日
  2. 半夏生
  3. 土用の丑
2回目

【売上対策 編】
売場を変える

買上率を高める売場!
お客様の売場滞在時間を長くする=点数アップ出来る売場とは?

  1. 盆刺身
  2. BBQ・鉄板焼材料(えび・ベビーほたて・他)
  3. 夏ぶり
  4. まぐろ (本まぐろ・きはだまぐろ・他)
  1. 盆商戦
  2. 夏のBBQ・鉄板焼特集
3回目

【売上対策 編】
仕掛けを変える

コト販売 実践編!
その商品を買うことで得られる利益(イメージ)をどう訴求し、売上げにつなげるか?

  1. 秋物商材 (新物生さんま・秋するめいか・戻りかつお)
  2. 切り落し提案
  3. えび
  4. 鍋物セット提案
  1. 秋の行楽特集
  2. 「まぐろの日」特集
  3. ハロウィン
4回目

【荒利対策 編】
考え方を変える

ロスの多い商品・ 分類への考え方を変える値頃とは?
適正な値入率とは?

  1. Xmasパーティセット
  2. 年末刺身
  3. ぶり
  4. かに
  1. Xmas商戦
  2. 年末商戦
  3. 寒魚特集
5回目

【荒利対策 編】
商売を変える

素材と簡便(惣菜)!
RTC・RTH苦戦=中抜き状態での今後の売場展開は?

  1. 寿司種セット (恵方巻・手巻・ちらし寿司)
  2. 海藻
  3. 活貝 (あさり・はまぐり・ホンビノス貝)
  4. 塩干提案
  1. 節分
  2. ひな祭
6回目

【荒利対策 編】
作業の仕組み・やり方を変える

優先順位の見直し!
午前中に数Pしか売れない刺身、どうする?

  1. 切身 (かじき・さわら・赤魚・かれい類・他)
  2. 冷凍かつお・冷凍かつおタタキ
  3. 炙り商品
  4. 貝造り
  1. 春のBBQ・鉄板焼特集
  2. 子供の日
  3. 母の日

セミナー1日の流れ

時  間 内  容
10:00~16:20 ○実践報告(第2回目より) 各企業2~3分間、前回の講座受講後の実践結果の発表を行います。参加された企業同士の“情報の共有化”ができるようになっています。他社の進捗状況をチェックでき、自社ではわからないことや、自社では気づかないことにも気づくことができます。 ○座学セミナー “鮮魚”の最新の考え方と、お客様の中にある潜在的なトレンドと合わせた「戦略」を伝授します。「考え方を変えると大きなマーケットや仕組みづくりができる」ということを学んでいただきます。 ○実演セミナー 本講座最大の特徴は、参加者全員に自らの手で商品化を盛り付けまで行っていただくことです。もちろん何度でも失敗していただいて構いません。
その都度、堀内先生にどんどん質問することで、鮮魚部門の効率的な作業方法や差別化できる商品化の考え方を自分の物にすることでができます。
時 間 10:00~16:20
内 容 ○実践報告(第2回目より) 各企業2~3分間、前回の講座受講後の実践結果の発表を行います。参加された企業同士の“情報の共有化”ができるようになっています。他社の進捗状況をチェックでき、自社ではわからないことや、自社では気づかないことにも気づくことができます。 ○座学セミナー “鮮魚”の最新の考え方と、お客様の中にある潜在的なトレンドと合わせた「戦略」を伝授します。「考え方を変えると大きなマーケットや仕組みづくりができる」ということを学んでいただきます。 ○実演セミナー 本講座最大の特徴は、参加者全員に自らの手で商品化を盛り付けまで行っていただくことです。もちろん何度でも失敗していただいて構いません。
その都度、堀内先生にどんどん質問することで、鮮魚部門の効率的な作業方法や差別化できる商品化の考え方を自分の物にすることでができます。
  • 第2回目からは参加企業全社の取組事例を発表する「実践報告」の時間があります。
  • 鮮魚トレンドや考え方を学ぶ座学に加え、毎回皆様からの現場での疑問・質問に100%お答えします。

開催要項

形態 会員制
開催回数 年間6回
対象 スーパーマーケットの鮮魚バイヤー、チーフ、鮮魚担当者
時間 午前10時~午後4時20分
費用 ①年会費 6万円/回(全6回36万円)
※1社から3名まで参加できます。
追加1名ごと 20,000円/回
②支払い方法 (1)一括払い(前払い)又は各回払いとなります
(2)消費税は別途頂戴いたします
(3)会場費、材料費、テキスト代、
その他資料は全て込みの金額です
その他 ①人数内であれば毎月違う方が参加しても良い。
②4名以上の参加をご希望される方は各回毎、事前にご連絡ください。
お問い合せ 商人ねっと株式会社 セミナー運営事務局
TEL:03-5565-0180 FAX:03-3543-3776
担当:須田

開催日程

東京会場 大阪会場
第1回 6月12日 第1回 6月5日
第2回 9月11日 第2回 9月18日
第3回 10月9日 第3回 10月16日
第4回 12月4日 第4回 12月18日
第5回 1月22日 第5回 1月15日
第6回 3月予定 第6回 3月5日

開催場所

江上料理学院
5F キッチンスタジオ

▼住所
〒162-0846 東京都新宿区市谷左内町21
▼アクセス
JR線、都営新宿線、有楽町線、南北線
いずれも「市ヶ谷」駅下車 徒歩3~4分

大阪市中央卸売市場本場
業務管理棟16F 料理教室

▼住所
〒553-0005 大阪市福島区野田1-1-86
▼アクセス
JR環状線「野田駅」下車 徒歩約10分
地下鉄千日前線「玉川駅」下車 徒歩約10分
京阪電車 中之島線「中之島駅」下車 徒歩約15分

参加申込の企業様は申込用紙に
ご記入の上弊社までFAXをご送付下さい。

申込用紙はコチラ

申込用紙はコチラ