「21世紀型売場への挑戦」カスタマーエクスペリエンスの最大化を実現した企業 株式会社東武

サンプル再生画面

「21世紀型売場への挑戦」カスタマーエクスペリエンスの最大化を実現した企業 株式会社東武

「第一章 イーターテイメント編」

      本編を視聴する  

日本の10年先を行くといわれているSM先進国アメリカ。
アメリカでは食とエンターテイメントが合わさった
「イーターテイメント化」が進んでいます

そのイーターテイメントの考え方を
日本流に落とし込んだ企業が「株式会社東武」

今回の第一章は
2015年に改装した東武イーストモール店を舞台にお送りします。

今回のイーストモール店改装での大きなポイントとなったのが

SMでは初の「シェフのいる本格フードコート」

日本初の「バルクショップコーナー」

ウェグマンズをモデリングした集客の要の「青果売場」

この3つはどのような考えで取り組まれたのでしょうか…?


実は、この3つの改装は、
「少子高齢化」「マーケットの縮小」「食の多様化」など
変化する現代社会に対応するための戦略がもりこまれているのです。

今回の一章では
株式会社東武が行う売場作りの考え方をお送りいたします。

■公開日:2016/12/2

  • 有料:8Point
  • 利用期間:72時間
  • 収録時間:25分
  • 視聴する

週間ランキング (6/9-6/15)

動画で学ぶ!今月の秀逸コトPOP 2017年7月号

月刊「商業界」で大好評連載中の「今月の秀逸コトPOP」との連動番組の第16回。 今月は山梨県北杜市の「ひまわり市場」様のコトPOPをご紹介いたします。

日本一のチラシプロデューサー佐藤勝人が一刀両断!売れるチラシ作りの極意 第84話 特別編 「商業界 第8回チラシ・DM大賞」入賞作品解説

「第8回チラシ・DM大賞」。審査委員長の佐藤勝人先生が入賞作品の解説をいたします。 果たして、今回はどのような作品が選ばれたのでしょうか?!

山口茂の売れるPOPの法則 13時間目「売上UPに有効な9つのコトPOP」後編

引き続き、売れるコトPOPの9つの法則を解説する。 さらに、コトPOPを作る際に見逃しがちなコンプライアンスについても分かりやすく説明する。

第19回売場大賞 「ひなまつり」 結果発表&受賞作品解説

「第19回売場大賞」のテーマは「ひなまつり」。 今回はどのような売場展開が行われたのでしょうか… 果たして、大賞はどの企業に!?


このページのトップヘ