商売繁盛虎の巻 3月号

サンプル再生画面

商売繁盛虎の巻 3月号

野菜編

      本編を視聴する  

3月は春の「旬」野菜が豊富に出回る時期。
その「旬」の野菜を「提案力」や「販売力」で
売り込んでいくことが大切。
売上・利益アップするか、
ロスによる売上・利益ダウンするかは
その「提案力」や「販売方法」にかかっている。
その方法とは…
商人伝道師こと水元仁志が
野菜の「売上・利益」をアップさせる方法を解説します。

■目次
3月の野菜のブルーオーシャン戦略
「春の山菜」はアップトレンド
「春の豆」は提案で異常値を狙う
「春の葉物」は“売れて儲かる”カテゴリーである
トマトは売上構成比10%を狙え!
サラダは徹底的に“旬”野菜の売り込み
土物は「新物」をアピール
「ひなまつり」の対策
ひなまつり写真編

■公開日:2016/1/20

  • 有料:8Point
  • 利用期間:72時間
  • 収録時間:21分
  • 視聴する

出演講師の主な出版物

【DVD】ニューシーズンズマーケット
気づきと驚きのアメリカ視察セミナーで視察に伺った「New Seasons Market」。
この企業は「ローカリズム」の徹底を行っている。これからの日本の小売業戦略の一つである。「サスティナビリティー」戦略の徹底。この企業のこの強さの秘密は何なのか。その秘密に迫る!

週間ランキング (2/8-2/14)

動画で学ぶ!今月の秀逸コトPOP 2018年3月号

月刊「商業界」で大好評連載中の「今月の秀逸コトPOP」との連動番組の第24回。 今月は青森県・弘前市の「ひろさきマーケット」のコトPOPをご紹介いたします。

しまむら式 異常値販売 成功の極意 異常値販売がもたらす4つの効果

他業界・他業種の攻勢や人手不足など問題が山積みの昨今。 この状況で売上・利益を残すため売れて儲かる商品の「異常値販売」に挑戦している、 しまむらストアー すみれ平店に完全密着!

第25回売場大賞 「Xmas~年末・年始商戦」 結果発表&受賞作品解説

「第25回売場大賞」のテーマは「Xmas~年末・年始商戦」。 今回はどのような売場展開が行われたのでしょうか… 果たして、大賞はどの企業に!?

「21世紀型売場への挑戦」カスタマーエクスペリエンスの最大化を実現した企業 株式会社東武 「第2章 カスタマーエクスペリエンス編」

食とエンターテイメントが合わさった「イーターテイメント化」が進んでいるアメリカ その考え方を日本流に落とし込んだ企業が「株式会社東武」 株式会社東武が行う売場作りの考え方をお送りいたします

「人手不足問題」解消の切り札!人のマルチ化 脅威の経常利益11.2%を達成した店舗から学ぶ

消費者人口減少、労働人口減少。これから突入する「減の時代」! そんな中、わずかな従業員数で驚異の経常利益率11.2%を叩き出すゆめマートはなわ三次東店の 「人のマルチ化を特集し、お客様に選ばれる「儲かる会社」の作り方の秘策を伝授します!


このページのトップヘ