SM向け単品管理活用

サンプル再生画面

SM向け単品管理活用

paragraph3 「単品管理の流れ 商品の基本情報」

      本編を視聴する  

情報を集める祭重要になるのが、
先行情報 これから何がおこるのか?
つまり、自店の商圏のリッチや環境や使われ方を捉えるのが重要。

例えば、明日小学校のサッカー大会があるとする。
このサッカー大会のためにおにぎりを発注するとしたら
みなさんは何が一番売れると思いますか?
それはなぜでしょう?

これが例えば、中学生のサッカー大会なら
何が売れると思いますかのか?
それはなぜなんでしょう?

単品管理を行う上ではこのような考え方が大切。
POSデータだけにたよるのではなく、
「その商品1つ1つの商品の特性」というものを
理解していかなければならない。

株式会社 ビリーブアップ信田洋二氏が
小売業の本質を語る

■公開日:2014/8/26

  • 有料:8Point
  • 利用期間:72時間
  • 収録時間:17分
  • 視聴する

週間ランキング (2/8-2/14)

動画で学ぶ!今月の秀逸コトPOP 2018年3月号

月刊「商業界」で大好評連載中の「今月の秀逸コトPOP」との連動番組の第24回。 今月は青森県・弘前市の「ひろさきマーケット」のコトPOPをご紹介いたします。

しまむら式 異常値販売 成功の極意 異常値販売がもたらす4つの効果

他業界・他業種の攻勢や人手不足など問題が山積みの昨今。 この状況で売上・利益を残すため売れて儲かる商品の「異常値販売」に挑戦している、 しまむらストアー すみれ平店に完全密着!

第25回売場大賞 「Xmas~年末・年始商戦」 結果発表&受賞作品解説

「第25回売場大賞」のテーマは「Xmas~年末・年始商戦」。 今回はどのような売場展開が行われたのでしょうか… 果たして、大賞はどの企業に!?

「21世紀型売場への挑戦」カスタマーエクスペリエンスの最大化を実現した企業 株式会社東武 「第2章 カスタマーエクスペリエンス編」

食とエンターテイメントが合わさった「イーターテイメント化」が進んでいるアメリカ その考え方を日本流に落とし込んだ企業が「株式会社東武」 株式会社東武が行う売場作りの考え方をお送りいたします

「人手不足問題」解消の切り札!人のマルチ化 脅威の経常利益11.2%を達成した店舗から学ぶ

消費者人口減少、労働人口減少。これから突入する「減の時代」! そんな中、わずかな従業員数で驚異の経常利益率11.2%を叩き出すゆめマートはなわ三次東店の 「人のマルチ化を特集し、お客様に選ばれる「儲かる会社」の作り方の秘策を伝授します!


このページのトップヘ